幸せに生きるヒントは子ども心を忘れないこと。ワクワクを育ててみよう!

The following two tabs change content below.
ふみえ
笑顔の種まき人。スマイル コミュニケーションで幸せな家族を築き広めるのがモットー。 4児の母。

こんにちは、ふみえです^^


この記事は、自分のワクワクを見失っていた主婦の私が、ワクワクを取り戻す為にやったたった1つのコトをご紹介していきます。


この記事はこんな主婦のあなたにおすすめです!

あなたのこと?
  • しばらくワクワクすることがない…
  • 毎日がつまらない…
  • 楽しい毎日を過ごしたい!!


家事、育児、仕事のオンパレードで辛い…


好きなことをやっている人が羨ましい…


そう思ったことはありませんか?

主婦
毎日そう思っています…


なかなか現状を変えられない…


変わりたいと思っているだけで行動しない…


そんな自分が嫌になることってありますよね。

ふみえ
私はいつもそうでした・・・。(今でもそう感じるときはありますが)


でも大丈夫!


ほんの少しの勇気で楽しい時間を過ごすことができるようになります!




この記事が、暗闇から抜け出すきっかけになれたら嬉しいです!



それでは、いってみよう~!

ワクワクを見失った主婦の私が、ワクワクを取り戻す為にやったたった1つのコト

家庭をもち、子どもが生まれてからのわたしの生活は、家事→育児→時に仕事…


主にこの3つの大きなことで埋め尽くされ、心と時間の余裕はなくなっていきました。


子どもが増えていくにつれて、自分のやりたいことを自由にする時間も減りワクワクする気持ちはどこへ行ったやら…。


すっかり日々の「やらなければいけいないコト」に心も時間も体力も奪われ、自分の「好きなコト」「ワクワクするコト」は忘れてしまい、


それに比例するかのように、イライラは募るばかり…。


主婦
私もですぅ…。うぅ…。


きっと、何もかも制限されるような生活に心が疲れていたんですね。


今でもまだ制限されているなと感じるところはありますが、数年前に比べたらはるかに良いです。

ふみえ
まだまだ突破していくよ~。



そんな中、いくつものワクワクの種に出会っていきます・・・。

1.ワクワクに従って素直に行動した

「やらなければいけないコト」に埋め尽くされた日々の生活から、ワクワクを取り戻すために、主婦のわたしがやったたった一つのことは、


ワクワクに従って素直に行動した


これだけです。



「なんだそんなことか…」


と思いましたか?


でも、これが分かれ目だと思うんです!




行動するかしないか。



「あ~、面白そうだなぁ。」


そう感じても、「忙しいから…」、「いやいやそんなコトやってる場合じゃないし」などと自分の心がときめいたことを無視してやらない理由を見つけてやらないことが、

大人になると増えますよね。


実際私はそうでした。


でも、自分が感じたワクワクに従って行動してみると、そこには楽しさや満足感があります。


そして、世界が広がります。


やってみないと分からない事が、私達大人でもまだまだたくさんありますよね!

私がワクワクした「主婦起業」と「ゆる文字」

たとえば、私が家庭をもってから一番ワクワクしたことは、「ブログを軸とした主婦起業」という生き方です。


転勤しながら子育てをして、普通に引越し先で仕事を探しては働いていた私にとって、在宅で自分の経験や好きなこと得意なことを活かしながら働けるということは、

当時の私にとって衝撃的で、めちゃくちゃ魅力的な働き方であり生き方だったんです。

これまでやったことのないコトだったので多少の不安はありましたが、それ以上にワクワクの方がはるかに大きかったです。


それで、右も左も分からないところから、すぐにコツコツ調べながらブログをスタートしました。



また、最近では「ゆる文字」にハマりつつあります。


SNSでゆる文字を見かけて、


「こういう文字が書けたらいいなぁ。」

「きゃ~、めっちゃカワイイ~♡」

「こういう文字やイラストで人を癒やし、元気づけて笑顔にすることができたら最高だろうな。」



そう自分の中でのワクワクを感じて、「えいっ!」っと見様見真似でゆる文字を書き始めました。

(まだまだ下手っぴなのは、ご容赦ください^^;)


本と筆ペンもすぐに買いに行きましたww


(↑カタチから入る人^^)



その時には、できるかできないかなんて考えていないですよね。



やってみたいからやる!

これしかありません!


なんでもいいと思うんです。

自分が「これ好き!やってみたい!」と感じたものならなんでもやってみる価値ありです!

子ども心を忘れない


やってみたいからやる!

この子ども心が大事だなと思うんです。


WANIMAの「やってみよう」という歌が大好きなのですが、まさにこの歌詞の世界観です。

<やってみよう ~WANIMA~>
正しいより 楽しい
正しいより 面白い
やりたかったこと やってみよう
失敗も思い出
はじめよう やってみよう
誰でも最初は 初心者なんだから
やったことないことも やってみよう
苦手な相手とも 話してみよう
知らなかったこと 見たことないもの
あたらしい 楽しい

悲しいときは 笑って 
寂しいときは 声出して
雨はいつまでも 続かない
どしゃ降りも楽しもう
踏み出そう よじ登ろう
高い山ほど 絶景が待っているから
遠回りの道を 選んでみよう
険しい峠には 何かがあるさ
あり得なかったこと 出会わなかった人
あぶなっかしい 楽しい

振り返るより 振り向いて
掘り返すより 掘り出して
過ぎた話は ほどほどに
今の話をしよう
恐れず 迷わず
同じ今日という日は 二度とないんだから
明日よりも今日に はじめよう
知らなかった自分と 一緒に走ろう
思い立った日が 思いついた日が
そこがスタートだ

青いより青い 空もそうさ
同じに見えて いつも違う
どんな人だって 同じじゃないさ
空気なんて 読まない
やってみよう

正しいより 楽しい
やってみようか
倒れるなら 前に倒れよう
やって後悔などすることないさ
理由なんていらない
やってみよう
♪~



子どもって純粋にその世界に住んでますよね。


好奇心の塊です。


私達もかつて子どもだった頃は、好きなこと面白いと感じたことを夢中になってやっていたはずです。


実際、我が家の子どもたちを見ていても、楽しいこと面白いことにしか興味を持ちません!ww
子どもはめちゃ分かりやすいでよね^^


楽しくないこと、面白くなさそうなことには見向きもしませんし、なんでも楽しい方向へと持っていきます。


歩くのもクネクネしながらふざけて歩いたり、トイレに行くのも踊りながら向かったり、手を洗うことさえ・・

5歳末っ娘
見て見て~!泡がハートの形になってる~♡♡

自分の中のワクワクに、純粋に真っ直ぐに生きているのが分かります。


そういう自分の心に素直に生きることがめちゃくちゃ大事なんだなって、大人になった今すごくそう感じます。

トイレの神様

この上の写真の言葉は、先日私が美容院へ行ったときにそこのトイレで見かけたパブロ・ピカソの言葉です。


日本語訳↓↓

子どもは誰でも芸術家だ。

問題は、大人になっても芸術家でいられるかどうかだ。

– パブロ・ピカソ –




普段、私は美容院へ行くとトイレに入るのは1回かもしくは行きません。


しかし、その日はなぜかトイレが近くて2回もトイレへ行ったのですww


じ~っとその言葉を眺めていると、めちゃ良い言葉ではないかぃ!


神様は私にこの言葉を伝えたくて、その日は2度もトイレに行きたくなったんだなと思いました。


子どもの頃のように純粋に自分の心に素直に行動してみること、ワクワクすること、心がときめいたことをちょっとやってみる


それだけで自分の心が嬉しくなるし、そこには自分らしさがあります


だから、ちょっとしたコトでも「うわっ!これいいな、やってみたいな」と感じたら、ちょっとでもいいからやってみる。


それだけでワクワク感を感じて幸せホルモンが出ます♪


自分の心がワクワクしたり、反応したところには自分らしさにつながる何かがあるので、純粋にやってみる事をおすすめします^^


人それぞれ「好き!」や「やってみたい!」と感じるところは違うし、そこが個性だと思うので、ぜひあなたの心がときめいたポイントを見逃さずキャッチしてあげてくださいね。

Our greatest natural resource is the minds of our children.

=『われわれの一番大きい資源は子どもの心である

– ウォルト・ディズニー –


「子ども心を大事にしよう」、ということですね。

まとめ

今回は、「やらなければいけないコト」で心も時間も体力も消耗していた主婦の私が、「ワクワクを取り戻す為にやったたった1つのコト」をご紹介していきました。


それはめちゃシンプルな、

「ワクワクに従って素直に行動した」



ということでしたね!



子どもは一日平均400回笑い、大人はたったの15回なのだそうです。


それは、子どもが自分の好きなこと楽しいことにたくさん触れて、たくさんやっているから嬉しくて幸せで笑っているのだと思います。


私達もそのような子ども心を忘れずに、自分の心がときめくものにたくさん触れて、たくさん取り組んで自分をハッピーにしていきたいですよね。


ぜひ、小さなところからあなたのワクワクを見つけて育ててみてください。


きっと今より楽しくて笑顔の日々が送れるようになると思いますよ^^

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です