妥協して選んでない?自分が好きな方を選ぶとめちゃハッピーになれるよって話

The following two tabs change content below.
ふみえ
笑顔の種まき人。スマイル コミュニケーションで幸せな家族を築き広めるのがモットー。 4児の母。
主婦きよか
子どもたちの服も買ってあげないといけないし、自分の服は安いのでいいや。
ふみえ
きよかさん、本当は欲しい服があるんだよね? それじゃあ、そっちを選ぶといいよ!


どーも! ふみえです^^

あなたは自分の服を買う時に、夫や子どもたちを優先して自分のものにはできるだけお金をかけないように妥協して選んでしまうことはありませんか?


本当はこの服が着たい。

●本当はこのスイーツが食べたい。

●本当はこっちのスマホが欲しい~!



でも、高いしやっぱり無難にこっちにしておくか…。

そういう選択をすることって、主婦ならけっこうあるのではないかと思います。
私はめちゃくちゃ妥協しまくり女でした!

と言うか、現在修正しているところなのですがww

今回は、


根拠のない自信を持とう!


というところから、

妥協するのでなく、自分が本当に好きな方を選ぶとハッピーになれるんだ!

と私自身が気づいていったお話です。

家族を優先することが多く、本当は好きな方を選ばずに妥協して、喜びが半減しているなと感じているあなたのお役に立てたら幸いです。

それでは、いってみよう~!

私はめちゃイケてる女!

はい、いきなりあなた何言ってるんですか?

そんな声が聞こえてきそうですがw、この「私はめちゃイケてる女!」というのは、私が最近自分自身に言い聞かせている暗示です(笑)

他人の目がどうこうじゃないですよ。
他人から見てイケてるかどうかはどうでもいいんです。


「よし! 根拠のない自信を持とう!」


と思ったきっかけがあったので、自分に「私はめちゃイケてる女!」と言い聞かせています。


そのきっかけとなったのが、「先輩、人生進んでます?」というメルマガで流れてきた音声を聞いてからです。

そのメルマガを書かれているのは、NY在住のギタリストkojiさんで、私がめちゃくちゃその価値観に共感したブログを書いている方なんです。

内容がとにかく濃い。
人生を自分らしく生きていく為の学びが超絶豊かなメルマガです。

良かったら気になった方は無料で読めますので、チェックしてみてください。

ちなみに、「私が求めていたのはこれだ~!!」とめちゃ共感したkojiさんのブログはこちらです↓↓


それで、その根拠のない自信を持つのに私はポジティブな自己暗示(アファメーション)をしているわけですが、

どうも「私はめちゃイケてる女!」と言い聞かせてもしっくりくる時とこない時があるのに気づいたのです。

妥協して買った服を着てる自分はイケてない


私が気づいたことは、


◆自分が好きで気に入ってる服を着ている時
 「私ってめちゃイケてる!」が割としっくりくる。


◆自分が妥協して買った服を着ている時
「私ってめちゃイケてる!」があまりしっくりこない。

ふみえ
私ってめちゃイケてる☆
ふみえ
私ってめちゃイケてる・・? ん?


その自己暗示がしっくりくる時とそうでない時の違いの一つとして、着ている服に要因があることが分かりました。

それは、つまり


自分の “好き” をちゃんと選んだかどうか


自分の本音を選んで生きてるかってこと。


だから、自分がそこまで好きというわけではなく妥協して買った服を着ていると、心の中で「本当にイケてる?」みたいに疑いの声が聞こえるわけですw

プチバトルが起きてるw

でも、ちゃんと自分が好きで気に入って買った服は自分の本音(本心)が反映されてるから、自分も納得できる。

「うん、イケてるよ!」

と割としっくりきやすいし、気分も良い。

服だけがイケてる女の証というわけではないんですけど、一つの要因にはなっているなと感じたのです。

自分の本音(好き)の方を選んでいこう

愛, バレンタイン, ロマンチック, 中心部, ビンテージ, 古い, スクラブル, 文字, Tumblr壁紙

これは、心理カウンセラーの心屋仁之助さんがメルマガの中で言われていたことなのですが(今日はメルマガ多いね^^)、


「本当はこっちが食べたいんだけど・・・」⇒そうじゃない方を食べる。

「本当はこっちの服が欲しいんだけど・・・」⇒そうじゃない方を着る。

「本当はこの腕時計が欲しんだけど・・・」⇒そうじゃない方を付ける。


と、本当は本当は…が重なると、“ 本当は ”という本当の自分は置いといて、本当でない偽りの自分で生きてしまうことになるのだと。



めちゃくちゃ分かりますね。


これって私が妥協して買った服は、本当に欲しくて気に入って買った服ではないから偽りの自分。
だから、めちゃイケてる!とは心から思えなかった。

なんなら、良い気分にならない服はもう断捨離しちゃっていいなとww

本当に自分が着ていて嬉しくなるような服、自分が本当に気に入って買った服だけを着ていた方がハッピーになれますよね。

たとえ数は少なかったとしても。

そういう物に囲まれてる方がきっとテンション上がる。
自分の“ 好き ”というエネルギーがそこらじゅうに溢れてるから、嬉しくなる。
ワクワクする。


自分が笑顔になれる。

ハッピーになれる選択ですよね。

「それじゃあ、お金はどうするんだよ?足りないよ。」


と言う方は、ぜひ心屋さんのメルマガを読んでみてください。
その辺についてもとても興味深くお話されていますんで。

ふみえ
あ、私 心屋さんの回し者ではないですよww いちファンです^^


自分が本当に食べたいものを食べる。

本当に着たい服を着る。

本当にやりたい事をやる。



そういう風に、


自分が本当に好きなもの、ワクワクするものを選ぶ。


この選択をすることで自分が笑顔になれるし、ハッピーになれる。
より自分らしい生き方につながりますよね。


いきなり家や車、退社してやる~!などの大きな選択でなくて、小さな選択からでいいと思います。



まとめ

今回は、妥協せずに小さなところから自分が好きな方を選んでいくと、自分らしい生き方に近づけるよ。

笑顔になれるし、ハッピーになれるよ!

っていうお話でした。

そして、これからも「私はめちゃイケてる女!」の自己暗示をし続けて根拠のない自信を爆増させていきますww


あなたもぜひ一緒に「めちゃイケてる女」になりませんか?(笑)


自分の好きな物、好きなことに囲まれた私らしい生き方を送っていけるよう、自分の“ 好き ” を選択していきましょう!


最後に心屋さん著のおすすめ本を2冊ご紹介して終わりにしたいと思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました☆

スポンサードリンク

2 件のコメント

  • 私も妥協せずに好きなもの買ってます〜。
    私ってめちゃイケてる女!笑

    我慢している母親を見て育った子供は、「母親になると我慢しなきゃいけないんだ」って学習してしまうので、悪影響ですよね。

    • まあやさん♪
      コメントをありがとうございます!!

      妥協せず好きなものを買われているって、
      もう既にめちゃイケてる女じゃないですか~☆^^

      まあやさんのおっしゃる通り、
      子どもってめちゃ親を見ているので、
      母親がいつも我慢していたらそうなりますよね。

      やはり“イケてる女”になるしかないですね!(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です