憧れの女性!オードリー・ヘップバーンに学ぶ美しく幸せな生き方

The following two tabs change content below.
ふみえ
「自分と向き合い 笑顔で生きる」がモットーの4児の母。 筆文字アートで人を笑顔に、元気になれる言葉を送る。

こんにちは、ふみえです^^


主婦
素敵だな~! あぁいう風になりたいなぁ~♡


あなたは、これまで生きてきた中で憧れた同性や異性はいましたか?


現在もいますか?

主婦
いるいる!5人くらいいる♡


憧れの存在って、見ているだけで心が明るくなり、自分もそこに近づきたくて
なんだかエネルギーが湧いてきますよね!


私は少し前、記事を書いている時に出会ったかの有名な女優オードリー・ヘプバーンの言葉に感銘を受けて、こんなに素敵な言葉を残した彼女はどういう人だったんだろう…


と、気になっていたんです。


それで、今回は調べていく中で

ふみえ
オードリーはやっぱり内外ともに素敵な女性だった…。

その心打たれた内容をまとめてご紹介していきたいと思います。

オードリー・ヘップバーンの生涯

最初に、オードリーの生涯について簡単に紹介させていただきますね。

幼少期

●オードリー・ヘップバーンは、1929年5月4日生まれのイギリス人

●オードリー10歳の時に両親が離婚。

●その頃第二次世界大戦が勃発。

●音楽院でバレエを習う。

●大戦中、辛い体験も多く栄養失調に苦しむ。オードリーの回復を助けたのがユニセフの前進の連合国救済復興機関(UNRRA)から届いた食料と医薬品だった。

これが後年のユニセフへの献身につながったようです。

バレリーナから舞台女優へ

もともとバレエを学び優秀だったオードリーは公演もよくしていたようなのですが、170cmの高身長と大戦下で十分な栄養が摂れず練習も満足にできなかったたため、

プリマ・バレリーナになることは難しいと言われ、バレリーナへの夢はこの時潰れ、演劇の世界で生きていくことを決意したようです。

そこから、『ローマの休日』『麗しのサブリナ』『ティファニーで朝食を』『マイ・フェア・レディ』など多くの映画で人気を集めました。


後年はユニセフ親善大使として活動する。


1993年1月20日死去。

最も心打たれたオードリーの名言

The greatest victory has been to be able to live with myself,
to accept my shortcomings and those of others.

私にとっての最高の勝利は、ありのままで生きられるようになったこと
自分と他人の欠点を
受け入れられるようになったことです。

The most important thing is to enjoy your life
– to be happy –
it’s all that matters.

何より大事なのは、人生を楽しむこと。
幸せを感じること、それだけです。

私が最も心打たれたオードリーの2つの名言です。

多くの映画作品に出演し、たくさんの賞も受賞して世界的にも人気を集めたオードリー。

そのたくさんの賞賛や栄誉はもちろんとても素晴らしいのですが、それ以上に彼女は、

  • ありのままの自分で生きられるようになったこと
  • 自分と他人の欠点を受け入れられるようになったこと



そこに勝利を感じていた・・・。


女優である前に、一人の人間としての自分の生き方を大事にしていたんですね。

実際、次のような言葉も残しています。

何としても避けたかったのは、人生を振り返ったとき、映画しかなかったという事態です。



実際、自分の欠点と他人の欠点を受け入れることは、簡単なことではないと思います。

私自身は、自分の欠点に気づくと無意識に自分にダメ出ししてしまっていたり、他人の欠点が見えるとどこか安心するところがあったり…(←腹黒いなww)

と、そんなガチガチ人間だったから、



自分の弱さや欠点も含めて丸ごと自分を受け入れて生きること。

そして、

だからこそ他人の弱さや欠点も許せるし受け入れて、人生を楽しく笑って生きていくこと。


そんな生き方を目指して歩んでいるので、オードリーのこの名言に最も心打たれたんですね。


それに、「何より大事なのは、人生を楽しむこと 幸せを感じること。それだけです。」というこの言葉、めちゃ共感で好きです。


とてもシンプルだけど、きっと人生これだけじゃないかなと思うんですよね。

  • どうやって与えられた自分の人生を楽しむか?
  • どれだけ人生で幸せを感じながら生きられるか?



これが本当に重要だと思うんです。



毎日を「やらなければいけないこと」で埋め尽くし、楽しみを忘れて生きていくのはとても寂しいし、

また、幸せを感じられずにたくさんの不平や不満を抱えながら生きていくのも、とても寂しく、もったいない!

(はい、かつての私はたくさんの不満を抱えながら生きていました…)


だから、この名言に大共感でした。

オードリー自身がそのことを大事にしながら生きていたんですね。
私もそんな人生を歩んでいきたいです。

というか歩んでいきます^^!

他にもたくさん!オードリーの美しい名言

オードリーはプライベートでは、2度の結婚をして2人の息子さんがいます。

恋多き女性だったようです。

オードリー、晩年はユニセフの親善大使として活動していましたが、上でご紹介した名言の他にもたくさんの素敵な名言を残しています。

For beautiful eyes, look for the good in others;
For beautiful lips, speak only words kindness.


美しい瞳であるためには、
他人の良いところを探しましょう。
美しい唇であるためには、

美しい言葉を使いましょう。

私がはじめて出会ったオードリーの名言です。

なんて素敵な言葉を言うのだろうと彼女に興味を持ち、心奪われました♡

自分の良いところ、他人の良いところを探し、いつも自分が発する言葉は優しいものでありたいですね。


Nothing is impossible,
the word itself says
“ I’m possible ” !


不可能なことなどないわ。
Impossible(不可能)という言葉に
I’m possible(私にはできる)と
書いてあるのだから。

「なるほど~!」

と、気持ちが明るくなる言葉ですよね!

オードリーのポジティブで、人生に対する前向きな姿勢が感じられます。

一個の道具のように自分を分析しなさい。
自分自身に対して100パーセント率直でなければなりません。
欠点を隠そうとせずに、正面から向かい合うのです。

ありのままで生きられるようになったオードリーは、自分自身の欠点と正面から向き合い自分に対して率直な人生を歩んできたんですね。

とても好きな言葉です。

自分自身のことを知るって、自分らしい人生を歩んでいくためにめちゃくちゃ大事で必要なことだと感じています。

自分の良さも欠点も、深く自分のことを知っていく。

それができてる人は本当に強いと思います。

私もそうありたいです。

ふみえ
オードリー、かっこいい・・・。


他にもオードリーの明るさや可愛らしさが伝わる言葉も…。

I love people who make me laugh.
I honestly thinkl it’s the thing I like most, to laugh.
It cures a multitude of ills.
It’s probably the most important thing in a person.


私を笑わせてくれる人が大好き。
正直なところ、笑うことが何よりも好きなんだと思う。
辛いことがたくさんあっても笑うことで救われる。
笑うことって、人間にとっていちばん大事なことじゃないかしら。

I never think of myself as an icon.
What is in other people’s minds is not in my mind.
I just do my thing.


私は自分のことをファッションアイコンだなんて
考えたことないわ。
他人がそう思っていても
私はそう思ってないの。
私は私なりの人生を生きるだけ。


外側からの評価や意見に左右されない、自分の人生は自分の軸で生きていくオードリーの芯の強さが感じられる言葉ですね。

You go back.
You search for what made you happy
when you were smaller.
We are all grown up children, really…
So one should go back and search for what was loved
and found to be real.


昔を思い返しましょう。
小さかった時に何に幸せを感じたのか探すの。
私たちはみんな成長した子ども。本当に…。
だから昔を思い出し
本当に愛したものや気づいたことを探してみましょう。

まとめ

今回は、憧れの女性オードリー・ヘップバーンの名言から彼女の美しく幸せな生き方についてまとめていきました。

これだけの美貌をもち、世界的大スターとなったオードリーですが、心はそこに驕るのでなく自分自身と周りの人たちを愛し、自分が本当に大切にしたいものを大切にしながら生きていった姿に美しさを感じます。

心も外見も美しいオードリー。

その心から出た多くの名言に、その芯の強さと美しさが現れていますね。


そんな女性になりたい!


あなたの憧れの女性はどんな人ですか?


きっとあなたの内面と似た要素があるからその人に憧れるんですよね☆


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。


参考までに、オードリー・ヘップバーンの本をご紹介します↓↓

機会があればぜひ読んでみてください^^

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です