ふみえのプロフィール

はじめまして!

ママと子どもが心から幸せになれる子育てコンサルタントふみえです^^

プロフィールを見にきてくださり、ありがとうございます。

 

 

 

 

私は、現在、主人と4人の子どもたち(小5女・小3男・小1女・3歳女)の6人で鳥取県に暮らしています。

私がなぜ、一人一人の個性が大切にされ、一人一人の個性が輝く子育て・社会を目指して歩むようになったのか、

その生い立ちや経歴とともにご紹介していきますね^^

 

ぜひ、最後までお付き合いくださいまし~!

 

元気で活発、優等生だった子供時代

生まれも育ちも沖縄出身の私。

高校卒業後に福岡の大学へと進学しますが、それまでは海と空に囲まれたのんびりとした沖縄で育ちました。

家族構成は、両親と祖母、6人兄弟の2番目という9人の大家族でした。

甘え下手なしっかりお姉ちゃんとして育っていきました。

 

私の子供時代は一言で言うと、

なんでも頑張る真面目なふみえ~!

でした。

 

  • 小学生時代はミニバスケのキャプテン
  • 児童会、生徒会副会長
  • 何かと学級代表、学年代表になることが多い
  • 自営業で忙しい両親を支えるため、家のお手伝いもよくやる
  • 先生の評価もよろし

 

これだけ見ると、超真面目で超優秀な子どもですよね。

しかし、私が通っていた小学・高校は学年1クラスという田舎の小さな学校。

すぐに代表になれます。

 

そんな中でも好奇心旺盛だった私は、とにかく色んなことを必死に頑張っていました。

 

頑張れば、世界が広がるし楽しい。

頑張れば、周りが評価してくれる。

 

いつの間にか、私はその “頑張りやさんの型” にしっかりとハマって成長していきます。

 

高校ではじめて地元を少し離れた私は、ちょっと世界が広がったことにビビッていました。

そして、大学進学で沖縄から一人旅立った私は、さらに世界が大きく広がったことにビビッていたのです。

 

「井の中の蛙(かわず)大海を知らず。」

 

とは、まさに私のことでした。

 

とにかく、保守的な両親のもと、家を早く出たい。

沖縄から出てみたい。

世界(特にアメリカ)に行きたい。

 

その思いが強くありました。

保守的な両親に育てられた為でしょう、反動的に「とにかくもっと大きな世界を見たい!」という思いと、

真面目で頑張り屋のふみえちゃんでありながら、英語大好きっ子だったこともあり、アメリカの自由な文化に憧れの思いでいっぱいでした。

 

結婚、そして出産

30歳前に主人と出会い結婚。

主人は、仕事柄、転勤があることは分かっていましたが、結婚後そこまで引っ越すことになるとは想像もしていませんでした。

 

1人目、長女を千葉で出産。

2人目、長男を里帰りで鳥取で出産。(住んでたのは札幌市)

3人目、次女を仙台市で出産。

(福岡に転勤⇒4人目妊娠発覚)

4人目、三女を広島で出産。

 

約2年に1回引っ越しをしていました。

基本、真面目な私は、妻として主人の転勤についていくのが当然。

主人も仕事を頑張っているんだし、めっ------ちゃ!子育て大変だけど、我慢しなきゃ。

私が頑張らなきゃ。

でも、なかなか家にいなくて家事育児に協力的でない主人にイライラ。

 

知らない土地だし、身内も友達も周りにいないし、どうせまた引っ越すんだから人間関係も薄くていい。

 

妊娠、出産、子育て、家事、引っ越し、仕事などめっちゃ忙しい現実と、誰か助けてくれ~!

もっと楽になりたーーい!

解放されたーーーい!

という葛藤でいっぱいの30代でした。

 

とにかく目の前のことに頑張るふみえちゃんは、心ではイヤだ!解放されたい!と思いながらも、必死に子育てをしていたのでした。

 

3人目出産後、病気と診断される

実は、一人目を妊娠中、とある研修に参加するため私は、一人大きなお腹を抱え韓国にいた時期がありました。

初めての妊娠でよく分からないまま、無理をしてしまった私は、出血をして切迫早産とのことでそのまま韓国の病院で1か月入院することになったのです。

 

もう悲しくて、寂しくて毎日泣いていました。

初めての妊娠で喜びと不安もある中、私は韓国で入院生活、主人は日本。

主人に会えない寂しさと不安でいっぱいでした。

 

その時、日本人の看護師さんに

「今まで自分の身体を大事にしてこれなかったメッセージ。今は身体を休めて自分を見つめる機会として与えられたんだと思うよ。」

 

というような言葉をかけられました。

 

健康だけが取り柄だと思っていた私は、確かに無理して頑張るところはあったけど、なんで?

という思いがぬぐえずに入院生活を送っていました。

 

そんな中、私のストレスからか原因不明の湿疹が脚に広がり、痒くて夜も眠れず、急遽日本に帰国することに。

千葉に戻ってからも1か月の入院生活でした。

 

そして、時間は過ぎて3人目を仙台市で出産後、私は悪露ではない出血が続くことに違和感を感じ病院で検査をしたところ、大腸の病気だということが分かりました。

 

聞いたこともない病名に、一気に不安が広がり、子どもたちはまだ幼いというのに、私はもうすぐ死ぬかもしれない。

 

はじめてリアルに「死」を意識しました。

それからは、藁にもすがる思いで良書を読みまくりました。

 

原因が分からなかったのです。

 

その後、「“医学”ではなく“言葉”と“心理技術”で病気をやめる・やめさせる」という先生に出会い、病気の原因は

  • 自分を許していないこと
  • 間違った思い込みで生きていること

 

つまり、「本当の自分の姿」で生きれていないことであることを学んだことが、大きな転換点となりました。

 

4人目出産後、主婦起業という働き方と出会う

そんな中、4人目を出産後もまだ主人の転勤生活は続いていたのですが、その頃の私は、「もうこの生活から離れたい」思いが強くなっていました。

理由は、

  • 言われるがままに転勤している(転勤のある仕事を自分が選ぶ!と思えば自分の責任ですが)
  • 子育てしながら短期間での引っ越しはしんどい
  • 落ち着いて自分が好きな場所で子育てしたい
  • もっと家族の時間がほしい(主人の出張が多い)
  • 自分の人生、自分で選んで生きていきたい

 

ということでした。

 

そこで私は、友人を通して「ブログを軸とした主婦起業」という働き方、生き方に出会ったのです。

自分の好きなコトや、経験、得意を活かして人の役に立つ仕事をしていく。

そこに、もんのすごい魅力を感じた私は、ブログをスタートしました。

 

そして、主人と何度も話し合った結果、主人は転職し、我が家は主人の地元鳥取県へ戻ることに決めたのでした。

 

地元に帰ったのはいいものの、息子が不登校に・・・

約2年に1回の引っ越し生活だった我が家では、もちろん子どもたちもその度に保育園や学校が変わってきました。

息子は、鳥取に来て現在の学校が小学校2校目です。

(長女は3校目)

保育園も3回くらい変わりました。

子どもたちにとっても、せっかく仲良くなったお友達との別れや、慣れ親しんだ環境から変わることは多少のストレスがあったことだと思います。

 

現在通う小学校は、どうやら息子にはあまり合わなかったようで、引っ越してきて8か月後から行きたくないと言いだしました。

 

子供の頃、真面目で何でもよく頑張るふみえちゃんからすると、学校へ行くのは当たり前、多少いやなことがあっても少し休めばまた行けるはず、

 

そんな考えだったので、息子の気持ちが全然理解できずにいました。

あまりにも葛藤する思いで悩んでいた時、元不登校のカウンセラーに出会い、私のこれまでの考えが少しずつ崩れていくようになったのです。

 

不登校でも大人になって、立派に生きている人たちがたくさんいること。

周りと一緒が必ずしも正しいわけではないこと。むしろ、個性が埋もれてしまう危険があること。

苦手克服に時間をかけるより、好きなコトや得意なことを伸ばしていくことに時間を使った方がいいこと。

周りの目より、自分の思いに素直に生きることの大切さ。

 

などなど、いい子ちゃんの型にハマって、気づかないうちにたっくさん我慢し続けてきた私が、本当に心から求めていたのは、

子供の頃、自由なアメリカに憧れていたように、

 

自分の心に素直に自由に生きること

 

だったのです。

本当は、縛られるのが大っ嫌いな自由人だったのです!

 

いつも周りに合わせてしまったり、人の目を気にして自分を押し殺すようなことは幸せではないし、本当に悲しいこと。

 

もっと一人一人の個性が尊重されて、お互い助け合い、愛し合える、そんな子育て、教育、社会になれたらいいと心から思っています。

 

綺麗ごとのように聞こえてしまうかもしれませんが、本当にそう思うのです。

 

みんなと違って当たり前!

みんな違ってみんないいんです!!

 

私の喜び・夢

私のビジョンは、

ふみえのビジョン
  • 一人一人の個性が尊重され輝く世界
  • 皆が自由で幸せに輝いてる世界

 

何だか漠然としていますが、周りに無理して合わせなくたっていいよ、もっと自分の気持ちに素直に生きていっていいよ、

と、みんながそれを認めて、当たり前になっている社会です。

 

そんな社会を築いていく為に、私はママと子どもたちが心から幸せを感じられるように、個性を大事にした子育てサポートをしていきたいと子育てコンサルタントになりました。

 

そして、私自身が大切にしていること、していきたいことは、

 

ふみえが大切にしていること
  • 自分を許すこと
  • 自分の心に素直に生きること
  • 幸せな家庭を築くこと
  • 一人一人の個性が尊重され輝く社会を築くために、心から幸せな家庭を増やすこと

 

です。

 

ブログ名「Original Star Time」の由来

当ブログ名「Original Star Time」は、

 

  • Original ⇒ 個性
  • Star ⇒ 輝く
  • Time ⇒ 時間=かけがえのないもの=子育て

 

という意味で、願いを込めて名づけました。

 

少し長いので、「オリジナルスタータイム」、略して「オリスタ」と呼んでいただけると嬉しいです☆

 

簡単なふみえの自己紹介

\自己紹介/

家族(同じ年の会社員)・ 長女(小5)長男(小3)次女(小1)三女(3歳)の6人核家族☆

年齢:1977年6月1日生まれの41歳 …いつの間にか40代突入 ウヒョ~!

出身地:沖縄県。現在は10年間の転勤生活を終えて、鳥取県在住

性格:のんびりマイペースだけど、好きなことには一直線。超涙もろい。

好きなこと:一人カフェ・ブログいじるコト・適度な運動

嫌いなこと:時間に追われること・雪道の車の運転

好きな言葉:「ありのままの自分を受け入れた時、あなたの願いは叶います。」

 

SNSアカウントについて

 

「いいね!」でフォローしてもらえると とっても嬉しいです♡

こちらは個人アカウントです。お気軽に友達申請してくださいね♡

(ブログを見たと一言いただけるとすっごく嬉しいです^^!)

よくつぶやいています^^お気軽にフォローしてくださいね☆

お気軽にフォローしてください^^ とっても嬉しいです♡

 

お問い合わせはこちらから

 

ふみえに何か聞いてみたいな~、と思ったらこちらからお気軽にどうぞ!

 

ふみえ
なんでも聞いてくださいね!

 

最後まで、プロフィールを読んでくださりありがとうございます。

 

今後も『Original Star Time』をよろしくお願いします♡

The following two tabs change content below.
ふみえ
パートナーシップアドバイザー。子どもを産んだ後も、理解し合い支え合い高め合える幸せな夫婦関係を。怒涛の転勤→出産→子育て期に夫へのイライラ溜まりまくりモンスター妻からアゲ妻へ進化中♡ 夫を最強のパートナーに! 1男3女の母。