プロフィール

 

ふみえ(伊達 文枝)のプロフィール

はじめまして! ふみえです^^

プロフィールを見にきてくださり、ありがとうございます^^

 

10年間の結婚生活で、北は北海道から南は九州まで5回の転勤引っ越し。

その間に生まれた4人の子どもたちは全員、違う県で出産。

 

怒涛の妊娠⇒出産⇒育児生活。

 

本当に心に余裕のない生活から、朝、早起き&朝活で自分時間を確保するようになってから、

  • 自分の時間を楽しむ
  • 自分自身を大切にする

この2つができるようになってきました。

 

現在も、早起き&朝活で自分時間を大切に、

子育ても自分の人生も、私らしく楽しめる自分になる!

と日々、実践中です^^

 

早起き&朝活を始める前のふみえの生活は?

 

我が家は、激しい転勤族でした。

 

結婚後約10年の間に、5回の転勤引越しをしたので、1つの地域に住んでいたのは平均して2年間くらいですね。

 

ハハハッ( ̄∀ ̄)

 

その為に、4人の子どもたちはみんな違う県で出産しました。

 

★長女2007年 千葉で出産

★長男2009年 鳥取県で出産(…でも住んでいたのは札幌)

★次女2012年 仙台で出産 (前年、東日本大震災に遭う)

★福岡に転勤

★三女2015年 広島で出産

★現在は、主人の地元鳥取県に住んでいます^^

 

そんな怒涛の中で、私の妊娠・出産・育児生活は繰り広げられていました。

 

結婚後、千葉で主人と一緒に住み始めて長女を出産。

両家の実家は鳥取・沖縄と遠いので、産後のサポートは義母が数日間来てくれただけでした。

 

はじめての育児に、右も左も分からず、神経を遣い、自分が泣きたくなるような思いになりながら必死に、長女のお世話をしていました。

 

そんな矢先に、札幌への転勤。

 

真冬の1月でした。

 

沖縄で生まれ育った私が、真冬の札幌に降り立った景色は、見たこともない一面真っ白銀世界。

 

そして札幌へ引っ越して2週間後には、主人は仙台へ2か月間の長期出張へと出発したのです。

 

生後5か月の長女と二人きり生活。

 

本当に孤独でした。

 

とにかく、周辺のいろんな情報を調べまくりながら、雪道の中お買い物に出かけたり、地域の子育て支援センターへ行ったり、

 

ひたすらまだ赤ちゃんの長女に話しかけながら、この2か月間を乗り切りました。

 

今思い出しても、私、良く乗り切ったなと募る思いがあります。

 

そして、長女が1歳になる直前、長男の妊娠が分かり、主人の実家鳥取県へ里帰り出産。

 

出産後、札幌に戻った時は、長女1歳8か月・長男生後1か月。

 

家に赤ちゃんが2人いるような状態で、どのように過ごしていたのか、あまりにも必死に頑張っていたのでしょう、ほとんど思い出せません。

 

それから半年後、仙台へ転勤。

 

大震災が近々くると言われていたので、少し嫌な予感がしながら仙台へ引っ越しました。

 

そして、2011年3月、東日本大震災に遭いました。

 

当時私は、託児所があるということでヤクルトレディをして働いていました。

 

主人は、相変わらずの長期出張でその時も家にはいませんでした。

 

幼い2人の子供を抱えながら、同じマンションに住む人たちと一緒に近くの小学校に避難し一夜を過ごしました。

 

震災の翌日、主人が出張先から戻ってきてくれて、偶然にも避難先の小学校から戻った私たちと家で再会することができました。

 

余震も続いていて、主人もいなくて、本当に怖い日々が続いていました。

 

その翌年、次女を仙台で出産。

 

その4か月後、福岡へと転勤。

 

とにかく、知らない地へ引っ越すのに、もう私はGoogle大先生にはお世話になりっぱなしで、引っ越し先の住居探し、産院探しや、保育園、小学校、病院探しなど、

調べまくるのが得意になっていました。

 

全然知らない場所でも、Google Mapを使ってどこへでも行ける感じでした。

 

とにかく知らないので、調べまくる!

 

これは激しい転勤生活でとても鍛えられました^^

 

知らない土地への転勤引越し。

 

そして、主人の出張が多かったため、ワンオペ育児の孤独感や辛さは、もう結婚してからこれまで10年の間、感じまくってきたので、誰よりもよく分かっているつもりです。

 

福岡に引っ越して間もない頃も、余震の感覚が残っていて子供たちも緊急地震速報がテレビから流れる度に怖がっていました。

 

そして福岡では、3人の子どもたちを保育園に預けて私はコールセンターで働くことに。

 

コールセンターは人数が多かったので、多少融通が利くとはいっても仕事は仕事。

 

子供たちが時間差で風邪をうつしあって、休んだ時に呼び出されたり。

 

子供たち3人の登園準備や自分の身支度など、その頃の朝はもう戦争状態。

 

仕事が終わっても、子供たちを迎えに行って、夜にはもう私の心身の疲労度マックス。

 

その為、イライラも増える日々。

 

相変わらず、仕事が忙しい主人はなかなか子育てや家事には協力できない状態。

 

私は、何のために働いているんだろうと。

 

もうその頃は、仕事を辞めたくなっていました。

 

あまりにもきつくて。

 

そんなこんなで、長女が小学校に入学して1年後、次は広島へ転勤。お腹の中には三女ちゃんがいました。

 

また引っ越し先の産院探しです。

 

無事、広島にて三女を出産。

 

しばらく仕事からは離れていようと思っていました。

 

子供4人に、仕事なんてありえない。

 

これまで以上に忙しさで、イライラしてしまう。

そう思っていました。

 

でも、落ち着いたらまたパートに出ようかな、どうしようかな、

 

などとも考えていました。

 

ブログとの出会い

 

そんな中、4人目三女ちゃんが1歳になった頃、以前、同じ職場で働いていた友人を通して、

 

『ブログを軸にした主婦起業』

 

という働き方と出会ったのです。

 

『ブログを軸にした主婦起業』?

 

「何それ?」

 

といった感じで、これまでの私の中には全くなかった『起業』という働き方。

 

私は友人のメルマガに毎日釘づけになって読みまくり、また調べまくりました。

 

何やら自宅でできるらしい。

 

しかも、これまでの自分自身の経験を活かして働けるらしい。

 

自分が好きなことを仕事にできるらしい。

 

どれもこれもがぜ~んぶ私には魅力的に見えました。

 

やりたい。

 

やってみたい。

 

私にも何かできるかも!!

 

そんな心の中からふつふつとした湧き上がる思いがありました。

 

そして、いよいよ私はブログを使って起業することを決意。

 

これまで10年間、転勤生活、子育てと家事(時には仕事)に追われて、ワンオペ育児で孤独な思い、ツラい気持ちを抱えてきた自分が、

 

このブログを軸にした主婦起業に出会って、

 

目の前に違う世界が

 

ぶぁ~~~~~~~~っ!!

 

と広がったのです。

 

ママでもなく、妻でもなく、ただ一人の女性として自分の意志でやっていける世界

 

が、ポンッと私の前に現れたのです!

 

これが私が、「ブログを軸とした主婦起業」に魅力と価値を感じた最大のポイントです。

 

ママでもなく

妻でもなく

一人の女性としてやっていける場。

 

この友人との出会いを通じて、私は主婦起業という道に出会いました。

 

もしこの友人との出会いがなければ、今頃私は4人の子どもを抱えながら、好きでもない仕事をしてまた忙しさに追われる生活を送っていたかもしれません。

 

人との出会いって、本当に奇跡であり、必然ですね!

 

Aさんとの出会いに、心から感謝です。

 

ブログをスタートしたものの、自分が心からやりたいことが分からない日々が続く

上記のような感動とともに、私は2016年に、子育てブログ(当ブログ)を書き始めました。

 

友人Aさんのように、いつか自分だけのオリジナル商品を提供して輝いていきたい!

 

という思いがあったのですが、何をどう商品にしていけば良いのか全く分からずにいました。

 

子育てブログを書いてはいるけれど、果たして私が本当にやりたいこと、進んでいきたい方向性はこれであっているのだろうか?

 

私が心から進みたい方向、やりたいことが別にあるんじゃないか?

 

と頭でっかちな私は、モンモンと悩んでいたのです。

 

そんな自分探しのような日々が1年くらい続きました。

 

…長っ!

 

そして、色んなところを回り道してきながら結局たどり着いたのは、やっぱり!

 

自分はブログが好きだ!

 

ということ。

 

10年間の転勤生活、ワンオペ育児の孤独感や辛さ、自分らしく生きられていない不満な生活から抜け出せたのは、

 

『ブログを軸とした主婦起業』

 

をしたから。

 

ブログを通して、自分の思いやこれまでの経験などを活かして、何か同じように悩む人の役に立つ記事を書いていこうとする中で、自己表現ができる喜び、

自分が価値を与えることができる人間なんだ

 

という喜びを感じられたからです。

 

これまで、ママとして、妻として、娘としての顔で精一杯がんばってきたけれど、

 

ただ一人の女性として取り組める場。

 

しかも、私が好きではない「通勤」がなく、自宅でできる。

 

自分の「好き」や、「得意」「経験」を活かして働ける。

 

しかも、ブログで収益があげられる。

 

このようなことが、ブログを軸にした主婦起業の、私にとっての最大の魅力です。

 

自分の心に素直に生きる

 

ブログを始めたものの、本当に自分がやりたいことが分からず、探し続けてきた日々は長かったのですが、

その中で、私が学んだことは

 

『自分の心に素直に生きる』

 

ということ。

 

これまでも、けっこう我慢してきたことが多かったんですね。

子育て中のママなら、あるあるだと思うのですが。

 

子供や夫、家族のためにと、自分の時間や体力を犠牲にすること。

 

それで、イライラしてしまうようなこと。

 

自分を大切にできていない感。

 

それで、私は身体も壊しました。

 

自分の心に素直に生きるって、とても大切だなと思いました。

 

誰の人生でもないし、私の人生だし、もっと自分の気持ちに正直に素直に生きていいんじゃないか

 

って、思うようになりました。

 

転勤生活ももう嫌だし、好きでもない仕事を家計のためにと無理してバタバタしながらやるのもイヤ。

 

もっと、自分がやりたいことや好きなことをして、自分らしい人生を歩んでいきたいと思うようになっていたのです。

 

そしてまた私は、面と向かって人に自分の思いや考えを表現するのが昔から苦手なところもあり、人間関係も広く浅くな感じでした。

 

本当は、心の中ではもっと仲良くなりたい、という思いはあるんですけどね。

 

素の自分が出せない。

 

自己表現が本当に苦手でした。

 

小学校時代はのびのびと思いっきり過ごしていたのですが、中学高校大学と進んでいくうちに、次第に人の目が気になり始めていったんですね。

 

これは、私が育ってきた家庭環境にも関係していると思うのですが。

 

自分らしく生きられないって、本当につらいですよね。

 

だから私は、これまでのいろいろな経験を通して

「自分の心に素直に生きる」

ことがとても大切だと学び、そのように生きていこうと思ったのです。

 

それで、ブログで自己表現をして、自分が好きなことをしていることに喜びを感じていたんですね。

 

 

自分が好きなこと

自分が心からやりたいことをして

私らしく幸せな生き方をしていきたい。

 

「自分の心に素直に生きる」

 

これが私の信念であり、モットーです。

 

私の喜び・夢

 

自分が好きなこと「ブログ」を書きながら、過去の私のように子育てや家事、仕事などに追われて、孤独を感じたり辛い思いをしているママが、

 

ブログを通して、ママでもなく、妻でもなく、一人の女性として自分らしく輝ける場を作っていきたい。

 

そして、その人らしく明るく幸せになっていくママを増やしたい。

 

そう思っています。

 

そして、私自身も、大好きな家族との時間を大切にしながら、自分が好きなことをやって私らしく生きていくこと。

 

これが私の喜びであり、夢です。

 

~簡単なふみえの自己紹介~

 

\自己紹介/

家族(同じ年の会社員)& 長女(小5)長男(小3)次女(小1)三女(3歳)の6人核家族☆

年齢:1977年6月1日生まれの41歳 …いつの間にか40代突入 ウヒョ~!

出身地:沖縄県。現在は10年間の転勤生活を終えて、鳥取県在住

性格:のんびりマイペースだけど、好きなことには一直線。

好きなこと:広~い海と空を眺めること・ブログ・適度な運動

嫌いなこと:時間に追われること・雪道の車の運転

好きな言葉:「『これをやりたい!』という思いが湧くのは、あなたが、それをやれるからです。その夢を実現できるから、『好き!』『やりたい!』と思うのです。」

 

SNSアカウントについて

 

「いいね!」でフォローしてもらえると とっても嬉しいです♡

こちらは個人アカウントです。お気軽に友達申請してくださいね♡

(ブログを見たと一言いただけるとすっごく嬉しいです^^!)

お気軽にフォローしてください^^ とっても嬉しいです♡

こちらもお気軽にフォローしてくださいね☆

 

お問い合わせはこちらから

 

ふみえに何か聞いてみたいな~、と思ったらこちらからお気軽にどうぞ!

 

ふみえ
なんでも聞いてくださいね!

 

最後まで、プロフィールを読んでくださりありがとうございます。

 

今後も『ふみえがお』をよろしくお願いします♡