4人育児中主婦が感じる朝活5つのメリット!早起きで自分時間を楽しもう!

こんにちは。

わんぱく4児のママ、ふみえです^^

 

1時間でいいから美容院へ行きたい。

 

友達と子供抜きでお茶を飲んだりしたい。

 

せめて一人でトイレに入りたい。

 

子供は可愛いけど、子育てしんどい。

 

もう消えてしまいたい…。

 

などと悩んでいることはありませんか?

 

主婦あやこ
自分だけの時間がなさ過ぎて、辛くて逃げ出したくなるの。

 

あなたのその気持ち、涙が出るほどよーーく分かります!

 

子供は可愛いんだけど、毎日子育てや家事に追われて自分の時間が持てないと、イライラが募って発狂しそうになってしまいますよね。

 

できることなら、毎日自分の時間を確保して、子育ても自分の人生も楽しんで心穏やかに過ごしたいですよね。

 

実は、今の習慣を少し変えるだけで、子育てしながらでも自分の時間を毎日作って楽しむことができるんですよ。

 

今回は、私が現在4児を子育てしながら、自分時間を作って楽しむことができるようになった方法をご紹介したいと思います。

 

今、自分時間がなくて辛く悩んでいるあなたの悩み解決のヒントになれたら嬉しいです^^

 

それでは、いってみよう~!

スポンサードリンク



主婦こそ早起き&朝活で自分時間を楽しむのがおすすめ

忙しい子育て中の私たち主婦が、毎日自分時間を作るおすすめの方法は、

 

ずばり!

 

\早起き&朝活で自分の時間を楽しむ/

 

ことです。

 

実際、これまで私自身、子供のお昼寝中に家事をしたり、ちょこちょこブログを書いたり、

 

夜、子供が寝て後にパソコンとにらめっこしていたり、と過ごしていた時期もありました。

 

もちろん、それもありだと思います。

 

私自身、今でも休日は末っ子がお昼寝している間に、自分がやりたいことをちょこちょこやったりはしていますが、朝に早起きして自分の時間を作るようになってからは、

 

断然、早朝の朝活タイムの方がいい!

 

と感じています。

 

主婦あやこ
でも私、早起きできるかな~。

 

ふみえ
大丈夫よ。 誰でも無理なく早起きできる方法についてもご紹介していきますね!

 

私自身は、もともと早起きはそれほど苦ではなかったタイプなのですが、やはり子供が生まれて生活リズムが大きく変わってきてから、

 

心にも余裕がなくなってきて、自分の時間もなくなり、イライラが募る日々・・・。

 

そんな中で自分の時間を作るのに、早起きして朝活動しようなんて思いはこれっぽっちもありませんでした。

 

頭に思い浮かんだことすらありませんでした。

 

記憶する限り^^;

 

私が早起き&朝活を始めたのは、4人目を出産してから。

 

ママ業ってほんっと!フル回転で動いていますよね。

 

そんな余裕のない日々に、どうにか自分の時間を作れないかと考えて、考えて、考えて・・・。

 

よし! 早起きして自分がやりたいことをやろう!

 

と思ったんです。

 

それから、子供たちより1.5時間くらい早く起きるようにして、自分の時間を持つようにしました。

 

でも、最初は習慣化できませんでした。

 

根性で起きているようなところもありましたからね^^;

 

でも、それだとやっぱり続きません。

 

今は、習慣化できてきていますが(でもまだ理想の形にはなっていません)、

 

家事と子育てに追われて、自分の時間が持てずにイライラしていたあの頃の自分に伝えてあげたいです。

 

少し早起きして自分の時間を楽しむと変われるよ!

 

って。

 

それでは、私が感じている『主婦が早起きして朝活で自分時間を持つ5つのメリット』をご紹介していきたいと思います。

 

朝活のメリット1:就寝後なので、身体の疲れがなくすっきり取り組める

まず1つ目のメリットは、

 

「身体に疲れが残っていない」

 

ということです。

 

夜、子供が寝た後に自分の時間を持っていたこともあったのですが、一日忙しく動いて子供を寝かしつけた後って、めっちゃ自分も疲れているんですよね。

 

子供と寝落ちすることもよくありますし。

 

子供より先に寝てしまっているなんてことも・・・。

 

また、昼間も少し頭痛がしたり、身体が疲れているなんてこともありますよね。

 

それなら、夜、スパッと子供と一緒に早めに寝て、朝早起きして自分の時間を持った方が良かったんです。

 

しっかり寝た後なので、身体が疲れているということもありません。

 

もし、起きてもだるさや身体の重さを感じる時は、睡眠が足りていない可能性があるのでしっかり睡眠時間をとった方が良いと思います。

 

早起きするために大切なことは、

「睡眠をしっかりとる」

ことです。

 

早起きするからといって、睡眠時間を削るわけではありません。

 

それでは体が持ちませんよね。

 

ふみえ
私は、それで失敗した経験があります。涙

 

普段、6時~6時半くらいに起きていたのに、いきなり

「よし、明日から4時起きするぞ!」

と気合いは入ったけれど、寝たのはいつも通りの22時半頃。

 

翌朝、4時に起きてやりたいコトをやったのはいいものの、何だか頭クラクラする~。

身体もフワフワする感じ~。

 

これは、まずい。

 

早く寝なきゃ~。

 

と、フラフラしながら子供たちを学校へ送り出し、朝の家事をなんとか終わらせてパソコンに向かうもやはりフラフラ。

 

こりゃぁ、だめだと、バタンと就寝・・・。

 

結局その後は、何も仕事もできずに子供たちが学校から帰って来るまで寝ていました。

 

それで起きてみてやっと、体が普通通りに戻っていました。

 

いきなり睡眠時間を2時間削ってしまったので、体内時計が完全にくるってしまったんですね。

 

ここから学んだ教訓!

 

早起きして自分時間を楽しむコツは、

 

睡眠をしっかりとる!

 

ですね。

 

しっかり睡眠をとるからこそ、身体もスッキリ朝の自分時間を楽しめるんですね。

 

スポンサードリンク



朝活のメリット2:頭と心もすっきりしている

2つめのメリットは、

 

「頭と心もすっきりしている」

 

ということです。

 

前日、何か不安な思いやストレスを感じていたとしても、朝起きたら昨日の思いは小さくなっている。

または、不安な思いが消えて前向きな気持ちになっている。

なんていう経験をしたことはありませんか?

 

私たちの脳が、寝ている間にも活動していることはご存知かと思います。

 

この脳の活動のおかげで、私たちは朝起きると頭も心もすっきりしているんですね。

 

でも、寝る前にイヤなことを考えたり、思い出したりしてそのまま眠ると、朝起きた時もまだその感覚を引きずっていることもあります。

 

寝る前に何を思って、何を考えるかはとても大切です。

 

脳が寝ている間にしているコト
  • 起きている間に得た情報を記憶する
  • たくさんの入ってきた情報を整理する
  • 脳の毒素を排出して掃除する
  • 免疫力を高める

などなど。

睡眠の効果
  • 記憶力を高める
  • 決断力を高める
  • 集中力を高める
  • 心の健康
  • 美肌効果

などなど。

昼間や夜だと、日中起きたことでイライラしていたり何か不安な思いがあったり、悩んでいたり。

 

頭や心もフル回転で動いています。

 

でも、朝だとよりポジティブに頭も心もすっきりと自分がやりたいことに取り組むことができます。

 

メンタリストDaiGoさんも著書『ポジティブ チェンジ』で次のように言っています。

考え事をするのに最適な時間は午前中です。時間が遅くなればなるほど、つまり夜になればなるほど、ついネガティブなことを考えやすくなってしまうからです。

 

朝起きてからの2時間というのは、人間が最もクリエイティブな活動ができる時間であると言われています。

 

この本は、早起きに特化した本ではないのですが、「楽しみながら自分を変える方法」が他にもたくさん書かれています。

自分を変えて、現状を変えていくのに役立つ内容が分かりやすく書かれているので、ぜひチェックしてみてくださいね^^

created by Rinker
¥1,404 (2018/10/23 01:16:25時点 Amazon調べ-詳細)

 

朝活のメリット3:新鮮な空気、自然に触れられる

3つ目のメリットは、

 

「新鮮な空気、自然に触れられる」

 

ということ。

 

早起きすると、季節にもよりますがまだ外は暗かったり、ちょうど朝日が昇るところだったり、すでに上っていたり。

 

街が本格的に動き始める前なので、車の音も少なかったり、鳥の声がだんだん聞こえてきたり。

 

と新鮮な空気や自然を感じることができます。

 

冬の寒い日には、空気がツーンと張りつめた感じ。

 

ふみえ
冬は寒くてあまり好きじゃないけど、朝起きて外の雪景色を眺めるだけなら好き^^;

 

晴れの日なら、朝日がだんだん差し込んできて一日のスタートを感じることもできます。

 

こういうのって、早起きすることで感じられる恩恵です。

 

また朝起きて、朝日を浴びることはセロトニンの分泌量を上げるので、とても良いと言われています。

 

ふみえ
セロトニンには、ストレスを発散させたり、心を楽にしたり、未来に希望が持てるようにしたりといった作用があります。

 

日光を浴びるのは、もちろん早朝でなくても午前中のうちに浴びるといいそうですよ^^

 

身体も心もリセットされるのでいいですね。

 

朝活のメリット4:心に余裕を持って一日をスタートできる

4つ目のメリットは、

 

「心に余裕を持って、一日をスタートできる」

 

ことです。

 

これ、私たち主婦にはとてもありがたいことですよね。

 

子供たちと同じ時間帯に起きると、起きると同時にエンジン全開で動いてしまうことになりかねません。

 

私の場合、朝の自分時間では家事より自分のやりたいコトをやるのが優先です。

 

ちなみに、私が朝やっているコト

 

  • 日記(モーニングページ)
  • 手帳のチェック
  • 瞑想
  • 読書
  • 軽くストレッチ

 

です。

 

だいたいこの順番でやっています。

 

自分の頭と心の中をクリアにしたいんです^^

 

理想は、これにプラスしてブログを書く時間を加えたいと思っています。

 

その為には、寝る時間と起きる時間を今より早くする必要があります。

 

いきなり早くはできないので、少しずつ

  1. 就寝時間
  2. 起床時間
  3. 朝活でやる内容

を理想に近づけていこうと思っています。

 

話は戻って!

 

朝やりたいコトを一通り終えたら、片付けをしたり洗濯物を回したり、朝食の準備などをしています。

 

そうやって少し早めに動いていくだけで、家族が起きてくるまでに私の心は満たされていて、余裕をもって一日をスタートすることができるんですね。

 

自分がやりたいコトを一番先にやってしまっているので、満たされている。

 

主婦こそ先に、自分がやりたいコトをやっちゃった方がいいんじゃないかな。

 

と思います。

 

自分を満たすことができるから。

 

また、自分が起きると、それに気づいて子供も起きちゃう。

 

なんてこともありますよね。

 

子供ってなんでこんなに母親の動きに敏感なんでしょうね^^

 

子供が早く起きてきてしまった時は、

そこで終了~!

 

ですよね。

 

「うわぁ~! 起きてきちゃったよ~!」

 

と正直ショックなのですが、もうその時は仕方ないです。

 

母に戻ります^^

 

それでも、自分に合わせたペースで無理なく少し早起きするだけでも変わってくると思いますよ。

 

朝活のメリット5:まだ誰も起きていない一人だけの時間と空間、特別すぎる~♡

最後、5つ目のメリットは、

 

「まだ誰も起きていない一人だけの時間と空間、特別すぎる~♡」

 

ことです。

 

もちろん、子供たちと過ごす時間も大切なんですが、誰にも邪魔されないたった一人だけの時間。

 

そして空間。

 

普段、子供たちに囲まれている時間が多いので(それもそれでとても幸せなことですよね)、早朝のこの時間と空間がとても特別なものに感じられるんです♡

 

日中は何かと慌ただしいですからね。

 

独身時代やまだ子供が生まれる前には、当たり前のようにあった自分だけの時間。

 

でも子供の出産を機に、めっきり減ってしまう私たち子育て主婦の自分時間。

 

自分の身体を労わったり、心をリラックスさせたり、好きなコトをしたり・・。

 

そんな時間は、子供を産んで後も必要ですよね。

 

いきなり不要になるわけじゃありません。

 

むしろ、もっともっと大切な時間になってくると思います。

 

あなたが元気でいることが、子供たちも一番嬉しいですからね!

 

早起きが苦手なあなたへ

ここまで、早起き&朝活の5つのメリットをお伝えしてきました。

 

しか~し!

 

主婦あやこ
私、早起き苦手だな~。

 

「朝が苦手」問題がありますね。

 

上でご紹介したメンタリストDaiGoさんの著書『ポジティブ チェンジ』にも書かれているのですが、

<誰でも早起きできるようになる「10パーセント」メソッド>

それは、10パーセントずつ変えていく、という方法です。

7時に起きていた人が、5時に起きる生活に変えたいとします。このときに、いきなり5時に起きるのではなく、まずは10パーセントだけ変えてみます。

どういうことかというと、起床を2時間( 120分)、前倒しするわけですから、その10パーセントに当たる12分だけ早起きする。つまり、最初は6時48分に起きるのです。

2,3日これを続けて、慣れてきたら、また10パーセント、12分起床を早めます。

 

created by Rinker
¥1,404 (2018/10/23 01:16:26時点 Amazon調べ-詳細)

 

そして、ここで忘れてはいけないことが、起きる時間だけを意識するのではなく、

「寝る時間をより意識していくこと」

です。

 

上でも書きましたが、せっかく早起きできても睡眠時間が足りなければ、体内時計がくるってしまい日中、身体がきつくなってしまいます。

 

「早起きしよう!」

 

と思うと、つい起きる時間を目標にしてしまうのですが、

 

「何時に寝るか?」

 

ここをより意識した方が、早起きは上手くいきます。

 

あなたは、普段、何時間睡眠を取れたら身体が十分ですか?

 

あなたの身体が満足する睡眠時間を確保して、早起きをすることをおすすめします。

 

  • いつもより15分だけ早く寝る
  • いつもより15分早起きする

 

ここからスタートでいいと思います。

 

それで身体が慣れてきたら、また少しずつ早めていくといいと思います。

 

子育て中だと、

  • 夜中子供のトイレで起こされる
  • 子供に蹴られて起きる
  • 夜泣きで起きる

 

などなど熟睡できない環境は多いので、あなたにとって無理のないペースでぜひ取り組んでみてくださいね。

 

まとめ

今回ご紹介した私が感じている、朝活の5つのメリットは、

 

  1. 就寝後なので、身体の疲れがなくすっきり取り組める

  2. 頭と心もすっきりしている

  3. 新鮮な空気、自然に触れられる

  4. 心に余裕を持って一日をスタートできる

  5. まだ誰も起きていない一人だけの時間と空間、特別すぎる~♡

 

でした!

 

子育てや家事に追われて、毎日の子育てがツラく逃げ出したいものになっているのなら、ぜひ、少しだけ早起きしてあなただけの時間、自分自身を大切にする時間を持ってみてください。

 

無理のないペースで続けていくことで、必ず良い方向に変わっていけますよ。

 

最後に、子育てや自分自身の人生を楽しいものとしていきたいあなたへ、おすすめの本をいくつかご紹介します。

 

created by Rinker
¥1,466 (2018/10/23 01:16:26時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
キング・ベアー出版
¥2,575 (2018/10/23 01:16:27時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,404 (2018/10/23 01:16:27時点 Amazon調べ-詳細)

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございました♡

 

家族との時間を大切にしたい!を叶える、おすすめ3つのポイント

2018.07.05

子育てママの悩み「自分時間がな~い!」は、こうやって解決!私らしく子育てを楽しんでいく為に。

2018.03.09
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です