5歳の子供にイライラする、疲れた…中間反抗期の対処法4つ!

こんにちは。FUMIEです^^

今朝も、もうすぐ5歳の3番目ちゃんが泣きながら起きてきて

「お母さ~ん、バカ~~! イヤ~~!! バカ~~!!!」

リピート…

スポンサードリンク



「お母さ~ん、バカ~~! イヤ~~!! バカ~~!!!」

10回くらい繰り返す…。

 

理由は、

「お母さんと同じ時間に早起きしたかったのに、起こしてくれなかったから」

です。

 

朝から娘の癇癪に、

「おいおい、朝のあいさつは『バカ』じゃないでしょ。『おはよう』でしょう…( ̄◇ ̄;)」

と思いつつ、

「お母さんと一緒に起きたい!」

という娘の気持ちも分からないでもないので、いちおう娘の言うことを聞きます。

 

年中、年長さんくらいになると赤ちゃんや2歳児の頃とは違って、一人でできることが増えてきますね。

その為、子育てで多少楽になってくるところもありつつ、上のように癇癪を起したり、こちらの言うことに対して否定的な言い方をしたり、時には叩いてきたりすることもあります。

今回は、「中間反抗期」と呼ばれている5歳の子供にイライラする時の対処法について、私の体験も合わせて考えていきたいと思います。

 

5歳ってどういう時期?

mother-and-son-864142_960_720

5歳の子供は幼稚園や保育園では年中、もしくは年長さんの時期ですね。

この頃になると、赤ちゃん言葉はなくなりしっかりと会話ができるようになります。

 

女の子だと言葉も達者になってきて

「ママ、これは〇〇じゃないの?」

や、

「分かってる!今やろうとしていたの」

など、こちらと対等に言い合えるようになってきます。

 

また男の子も、気に入らない事やイヤな事があると感情的に怒ったり叩いてきたりもします。

 

また、お友達と集団で仲良く遊べるようになり(時にはけんかもありますが)、相手の表情から他人の気持ちが分かるようにもなってきます。

 

しかし、まだまだ生まれてきて5年、5歳です!

 

自分の思い通りにいかなければ癇癪を起したり、感情的に怒って乱暴な口調で言い返してきたり、聞こえないふりをしたり…

 

子供も一生懸命周りの環境と自分自身の思いとのはざまで、自分の気持ちを守るのに必死なのかも知れませんね。

 

でも私たちママは、子供にイライラする言動に悩んでしまい、

 

「私の育て方が悪かったのかしら…」

「昔はこんなんじゃなかった、もっと可愛くてニコニコ優しい子だったのに…」

 

と思ってしまうこともありますね。

 

私も息子に対してそう感じていました。

 

息子が怒ったり、叩いたり乱暴な口調で言い返してきたりすると、

 

  • 私の接し方が悪かったのかな
  • 甘やかしすぎていたのかな
  • 何がいけなかったんだろう
  • この子が素直な優しいあの頃のようになるには、どう接していったらいいんだろう…

 

って。

本当にへこんでへこんで悩んだ時期がありました。

 

その時は、私自身4番目ちゃんを妊娠中で(息子は2番目です)、精神的にいろんな面で余裕がありませんでした。

主人の転勤で、福岡から広島へ引っ越し。

息子と次女の新しい園探しや、お姉ちゃんの新しい小学校生活。

産院探しや妊婦生活。

 

環境の変化が心に与える影響はとても大きいですね。

 

そんな中で息子は甘えたい気持ちや、環境にまだ慣れない不安や苛立ちが多少あったのだと思います。

 

大人でもありますよね。

新しい環境に飛び込んでいくときの期待感と不安な思い。

 

子供はそれをうまく消化できずに、母親である私に当たってしまうこともあったのだと思ます。

でもこちらにも余裕がなくて、うまく彼の気持ちに寄り添ってあげられなかったと、今思うと本当に反省の思いです。

 

(追記2018.9月:息子は小3になり、相変わらずパワフル元気マンですが、だいぶ落ち着きました^^

男の子として力仕事など頼りになる面も出てきて、成長を感じるこの頃です^^)

 

 

なぜ5歳児は反抗的な言動が増える?

うちの息子くんの話に戻りますが、広島へ引っ越して新しい園に入りました。

息子は、園ではいい子で頑張っているようでした。

しかし、転園して5か月が過ぎた頃、生まれて初めてインフルエンザに罹ったんです。

そして、それが完治して後も

「園にはもう行きたくない!!!」

という状態が続き、とても困ったことがありました。

 

その時初めて分かったのですが、実は、引っ越す前の以前の園の時から息子は色んなこと、

例えば、苦手なトマトが給食に出て先生に頑張って食べようと勧められることや、

他にも彼がいやだと思うことがいくつかあり、それを彼なりに頑張ってやっていたようで、我慢して通っている部分があったようです。

 

いい子ちゃんにはあるあるの話ですよね。

 

それが、また新しい園になり新しい環境で今まで頑張って我慢してきた思いが一気に爆発して、

「もう嫌だ、園になんて行きたくない、園、大っ嫌い!」

という状態になったしまったんですね。

 

きっととても不安だったんだと思います。

 

私もその時は、あまりにも嫌がる息子の姿を見て、無理に園に行かせるのは良くないと感じました。

 

「園では先生の言うことをよく聞いている様だけど、家では言う事を全然聞かない。」

 

という話をよく聞きますが、子供たちは外(園)と中(家庭)との違いをちゃんと分かっていて、外で頑張ってきた分、安心できる家の中では発散したいのだと思います。

 

その発散の仕方が、反抗的な言葉遣いだったり、時には癇癪を起したり、すぐに怒って叩いてきたり…

 

などという態度として出てくることがあります。

その行動だけを見ると

 

「なんだ~~!!」

 

と子供にライラするのですが、その子がなぜそういう行動をとってくるのか?

に目を向けていくといいと思います。

 

一番大好きで、信頼しているあなたには甘えても大丈夫。

ママなら受け止めてくれる。

 

という、あなたに対する信頼の思いがあるからできる反抗や行動でもありますよね。

 

しかし、その行動が他人を傷つけたり自分を傷つけるようなものであった場合には、きちんと「その行動はダメだよ」と言って説明することも大切ですね。

 

そうでない場合は、ィラッとしても多少大目に見て、

「今日も頑張ってきたんだな~、よしよし」

くらいで、受け止めてあげましょう。

スポンサードリンク



一度、怒りまくっている息子くんにこちらもイライラが治まらず感情的になって怒ったことがありました。

その時、悔やしさと悲しさで泣けてきて主人にそのことを相談したんですね。

 

すると主人は、

 

「息子と同じ土俵に立っちゃいけないよ」

 

と言ったんです。

 

「同じ土俵に立って一緒に感情的になって話しているとだめだよ、こっちは落ち着いて向き合っていかないと上手くいかないよ」

 

みたいなことを言われました。

冷静になって考えると分かるんですけどね。

その時の私には余裕がありませんでした(T ^ T)

 

私、感情的になって恥ずかしながら息子と同じ土俵で闘っていたんですね。

 

アハハ…

 

また、園でお友達とけんかをした、何か嫌なことがあったとかでイライラしている場合には、聞き流さずに優しく聞いてあげるといいと思います。

 

もし子供が話したくなさそうな時は、無理に聞き出そうとはせずに、

 

「何か困ったことがあったらいつでも言ってね。」

「ママはいつも〇〇ちゃんの味方だからね」

 

と一言伝えて、子供が話したくなった時に聞いてあげた方が良いです。

 

外で頑張ってきたストレスのために家の中で発散している。

 

それだけが5歳児が困った行動をする原因ではありませんが、まだまだ成長の途中にいるので思うようにいかないと、上手く自分の感情をコントロールできずに癇癪を起したり言い返してきたり、叩いたりするのだと思います。

 

大人でも自分の思い通りにいかないと、イライラすることがありますよね。

 

あとは好奇心などでしょうか。

ちょっと危ないことでも、できるんじゃないかと思って挑戦してみる…

とか。

 

5歳の子供にイライラする時、どう対応していくといい?

  1. 多少のことは大目にみてあげて、受け止める
  2. 危険なことはきちんと説明して注意する
  3. お手伝いなど「〇〇ちゃんを頼りにしているよ」「ありがとう」、という姿勢を示して子供の自己肯定感を高めて上げる
  4. 「大好きだよ~」とギューっと抱きしめたり、抱っこしてあげる

 

5歳くらいの子供は、色々なお手伝いができるようになりますよね。

夕食作りやお部屋の掃除など、お手伝いをしてもらうことで、

 

「〇〇ちゃんがお手伝いしてくれてとっても助かる!」

「これもやってくれる?」

「ありがとう~!!」

 

などママが自分を頼りにしてくれていて、

  • ママの役に立っている!
  • 自分にもこういうことができるんだぞ!

という自信につながり、自己肯定感が高められると思います。

 

うちの3番目ちゃんも料理のお手伝いや、妹のお世話、部屋の片づけなど進んでやりたがり、そうすることでパパやママに褒められるのがとても嬉しいようで、「うふふ♡」状態になります。

 

また、私はできるだけと子供たちに「大好きだよ~♡」言うように心がけています。

5歳児、まだまだスキンシップめっちゃ大好きですよね!

これでもかっ!

っていうくらい抱っこしたりぎゅ~っとしてあげたりしましょう。

 

10年後には抱っこなんてできなくなっていますから 笑

 

5歳でも、7歳でも、9歳でも、きっと何歳になっても「大好きだよ」と親から言われるのは子供にとってとても嬉しい言葉、自己肯定感につながる言葉だと思います。

 

大人の私たちも言われたら嬉しいですよね。

 

子供がどんどん成長していくと、きっと言う親の方も恥ずかしさが出てくるかもしれませんが、堂々と言ってあげられるようになりたいですね。

 

まとめ

5歳の子供にイライラした時の4つの対処法は

  1. 多少のことは大目にみてあげて、受け止める
  2. 危険なことはきちんと説明して注意する
  3. お手伝いなど「〇〇ちゃんを頼りにしているよ」「ありがとう」、という姿勢を示して子供の自己肯定感を高めて上げる
  4. 「大好きだよ~♡」とギューっと抱きしめたり、抱っこしてあげる

 

でした!

 

子供の良いところや、今日感謝だったことをノートに書き出してみたり、昔の赤ちゃんの頃の写真を見て可愛さを再びかみしめてみたりするのもおすすめですよ^^

 

5歳の時期って今しかないですからね!

 

イライラすることはあっても、めっちゃ可愛いですよ♡

 

10年後には、太い声で

 

「母さ~ん」

 

なんて呼んできますからね^^

 

(男の子の場合 テヘッ)

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました♡

 

あなたと可愛いお子さん、ご家族のイラストを記念に残しておくのも素敵かと思いまして下に↓↓↓に載せました。

ぜひチラ見してみてくださいね♡

 

子供にイライラする原因は実は自分にあった!?イライラへの対処法

2017.01.20
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です