イライラすると赤ちゃんに伝わる?その影響は?子育てでイライラしない方法!!

The following two tabs change content below.
ふみえ
好き、得意、個性や才能・経験をフルに生かして社会に貢献していきたい4児のママ。人生まるごとコンテンツ! 元激しい転勤族のアラフォー主婦☆

こんにちは! ふみえです^^

家事や育児に協力してくれない夫にイライラ。

ゆっくり自分の時間を持てないことにイライラ。

泣き止んでくれない赤ちゃんにイライラ。

義母と上手くいかずモヤモヤ。

・・・

普段、生活している中でちょっとしたイライラや、メラメラ~!と燃え上がるようなイライラまで感じることは、多かれ少なかれありますよね。

そんなイライラしている私の気持ち、赤ちゃんに伝わってしまっていないかな?

もっと愛情をもって接していける私になりたい。

そう感じたことはありませんか?

今回は、毎日お世話している赤ちゃんにママのイライラは伝わっているのか? またその影響はどのようなものか?イライラを減らすための方法をご紹介していきます。

あなたの子育てが少しでも楽に、笑顔が増えるきっかけになれたら嬉しいです。

それでは、いってみよ~!

ママのイライラ、不安は伝わっている!そしてママの愛情も!!

mother-1171569__340

0~1歳の赤ちゃんは、まだ言葉は話せませんが、毎日周りの大人や兄弟たちにたくさん話しかけられることで、言葉を理解していきます。

私たち大人も、相手を理解するのに相手が実際に話している言葉以上に、相手の表情や声色、ジェスチャーなどからの方が、無意識のうちにより多くのメッセージを受け取っていると言われています。

まだ言葉を十分には理解できない赤ちゃんは、大人以上にママやパパ、周りの人の表情や声色、抱っこの仕方などいろいろなものから、五感をフルに使ってその気持ちを敏感に察しているのでしょうね。

私は、一人目(現在小6の長女)が新生児の頃、こんなに小さい赤ちゃんを抱っこするのも、お風呂に入れるのも何もかもが初めてのことだらけでした。

娘を抱っこして頭を洗ってあげたり、体をひっくり返して背中を洗ってあげるのも、最初は怖かったですね~^^;

ふみえ
落とさないように。泣いちゃうんじゃないか。これでいいかな?

など、いろいろ心配しながら慎重にお世話していました。

そういうのって赤ちゃんにも伝わりますよね。

当時撮っていたビデオを見ると、自分が緊張しつつも何とか娘をあやそうと頑張って声をかけながらお風呂に入れてる姿がありますが、

娘の表情はこわばっていて、

長女
ウッ、ウワッ、ウワッ、ウワ~ン!!

何をされるんだろう・・(←心の声)

と、しまいには激しく泣いている姿が映っています^^;

また、当時1歳の三女を抱っこしながら、私は眉間にしわを寄せて姉兄を叱ったりすることがよくありました。

そんな私の表情を見ている三女ちゃんは、嬉しそうに笑っていることは一度もありません。

「お母さん、どうしたのかな?」

そんな表情に見えます。

三女ちゃんの顔を見て、とっさに大丈夫だよ~、何でもないよ~とでもいうように笑顔を作りますが、きっと不自然ですよね。

赤ちゃんは、特に長い時間一緒にいるお母さんの表情や声色には敏感です。

そして、赤ちゃんはママやパパの愛情も敏感に感じています。

朝、起きて我が子の顔を見て「おはよう~!」と笑顔であいさつしたり、ママが優しくゆったりした気持ちで抱っこしてあげたり話しかけてあげたりすると、赤ちゃんはきっと、

赤ちゃん
あ~、優しいママの声だ、ママが笑ってぼく(わたし)を見てくれている。嬉しいな~。もっとママとくっついていたいな~♡

という気持ちでしょう^^

ママが忙しすぎてイライラしながらお世話していると、余計に赤ちゃんも泣き止まなかったり、

逆にママの心に余裕があってゆったりした気持で接していると、何だか赤ちゃんも落ち着いてお膝に抱っこされている。

などという状況はありませんか?

十月十日お腹にいた頃から一緒だったママの気持ちに、赤ちゃんはとても敏感なのでしょうね。

早くて生後2か月くらいから、あやすと赤ちゃんが笑顔を返してくれるようになりますが、その笑顔がとても可愛いくて、反応が返ってくることが嬉しいですよね。

お母さんが自分を喜ばせようとしてくれているのが分かって、赤ちゃんもにこにこ笑顔になるのでしょうね^^

ママのイライラは赤ちゃんの成長に影響するの?

子どもは、大好きなママやパパにいつも愛されたいと願っています。

この感情は生まれたばかりの赤ちゃんの頃から備わっている自然な感情です。

そのため、もし大好きなママがいつもイライラした表情で自分を見つめたり、怒った声色で話したりすることが多くなると、赤ちゃんはきっと不安になりますよね。

幼児期以降においても同じです。

いつもイライラしているママと一緒にいるのと、明るく穏やかなママと一緒にいるのとでは、子供の精神状態はかなり大きく変わってきます。

ママも慣れない子育てをしたり、夫との関係や近所づきあい、義両親やママ友との関係、仕事のことなど、悩みが全くないわけではありませんよね。

だからいつでも心穏やかに女神さまのような状態でいられるわけではないので、良い状態でいられない時の自分を責めたりしないでくださいね。

完璧なママなんてどこにもいませんから。

できるだけイライラする状態を減らして、自分自身が少しでも子育てや生き方を明るく楽しんでいけるような工夫をしていくといいですよね。

自分の心が明るく穏やかなことは私が嬉しいだけでなく、赤ちゃんや夫、周りの人たちにも良い影響を与えますからね。

まずは、私が明るく楽しく穏やかになれる工夫や取り組みをしていきましょう。

赤ちゃんと一緒に、私も人として成長ですね!

子育てのイライラを減らす4つの方法

1.イライラを全部書き出す

これ、実際に私がやっている方法です!

まずノートを1冊準備します。(白紙でも大丈夫ですよ^^)

自分が感じている事や考えている事をぜーんぶ書き出します。

綺麗に書こうとしなくてOK!

書いていくうちに落ち着いてきて、自分の気持ちや考え、置かれている状況などを客観視できるようになります。

  • どういう時に私はイライラする?
  • なんでイライラする?
  • 本当はどうしたい?
  • 子供にどう接していきたい?
  • どういうママになりたい?
  • 今できることは何?

などなど、自分自身を見つめて書き出していきましょう。

そして、今できる事から取り組んでいきましょう。

自分がスッキリ納得するまで書き出すといいですよ^^

私は、モヤモヤした時はもちろん、毎朝起きたらモーニングページを書いています。

頭の中や心の中で思っている事、感じている事を外にアウトプットすることで、本当に自分が大切にしたいことややりたいことがクリアになってきます。

ノートに書き出すことはとてもおすすめですよ。

バタバタ育児で余裕のなかった主婦が、早起きで変わった3つの良いこと

2018年10月1日

4人育児中主婦が感じる朝活5つのメリット!早起きで自分時間を楽しもう!

2018年9月19日

2. 赤ちゃんが寝ている時は自分も寝る

睡眠不足などで、体が疲れているとストレスを感じてイライラしやすくなります。

赤ちゃんが寝ている間に、家事を済ませようと動く事もあるかもしれません。

そうすると休む時間が少なくなって余計に疲れ、赤ちゃんが起きると更に忙しさに追われてしまう…。

そうなると心身共に疲れてしまいます。

私は一人目の育児の時、無理してました。゚(゚´ω`゚)゚。

散らかっている部屋が気になることもあるかもしれませんが、家事は片目つぶって最低限でやっていきましょう。

あなたの心と体をゆっくり休めて、健康に保つ事の方が大切ですよ。

3. 毎日 赤ちゃんを優しくハグして「大好きだよ」と伝える

赤ちゃんは抱っこが大好きですよね。

小さい子供ももちろん大好きです!

子供を毎日ハグして、「大好きだよ~♡」と伝えましょう。

言葉の力はすごいです。

「ありがとう」や「大好きだよ」などプラスの言葉を使うと、一番に良い影響を受けるのは相手ではなく自分自身です。

もちろん、相手も嬉しいですよね。

逆にマイナスの言葉を使うときも同じです。

真っ先にそのマイナスの言葉の影響を受けるのは、悪い言葉を言われた相手ではなく言った本人が自分自身の心を傷つけてしまっています。

子どもを怒鳴ってしまったり叱った後は、ギュッと抱きしめてあげましょう。

叱られて不安になっている子どもを抱きしめてあげてください。

そうする事で、ママやパパは自分を嫌いで叱っているのではないと理解することができて、安心感を持てるようになります。

以前、テレビか何かで見ましたが(…すみません、忘れてしまいました)、子どもだけでなく大人でも20秒以上のハグはとても心が落ち着く、安心感を与えるものだそうです。

赤ちゃんの頃はたくさん抱っこをしたりスキンシップをする機会が多いですが、子供が小学生になって大きくなってくると少し恥ずかしさも出てきます。

しかし、スキンシップは心の栄養です。

たっくさん「大好きだよ」を伝えてハグしていきたいですね。

4.パパとのコミュニケーションを大切にする

出産後、ママは寝る間も惜しみながら赤ちゃんのお世話に忙しくなります。

自分の時間が少なくなり、赤ちゃんや上の子たちと接する中で喜びもありますがこれでいいのかと悩むことも尽きませんね。

そんなママの一番の支えとなるのがパパです。

ママの心が穏やかでいつも笑顔でいることは、すぐ側にいる子どもの笑顔と成長につながります。

最近私がハマって毎日見ている鴨チューブの鴨頭嘉人(かもがしら よしひと)さん曰く、

鴨頭さん
男の役割は、お金を稼いでくることと奥さんを笑顔にすること。この2つだー!

と。

お金を稼ぐことは、働いている女性もたくさんいるので(夫以上に稼いでいる奥さんもいますよね!)、よりメインで夫の方が稼いでいる家庭が多いということでしょうね。

そして、

奥さんを笑顔にすること!

これには、納得してしまいました^^

子育てでのパパは、胎児の頃からず~っと子供と一緒のママにはさすがに敵わないことも多いですよね。

でも、そのママを喜ばせてあげたり笑顔にする役割は夫だと!

ふみえ
確かに~!!

世の男性諸君にこの動画を見てほしいと思いました(笑)。

youtube講演家、鴨頭嘉人氏が面白すぎる!現状を変えたいあなたへ

2019年9月15日

だからと言って、ここで夫に要求の思いメラメラで接すると上手くいかないですよね^^;

「仕事が忙しい夫」と「子育てや家事に忙しい妻」。

お互いに歩み寄る意識が必要です。

少しでも時間を作って、最近感じていることや思いを伝え合うコミュニケーションの時間を作りましょう。

小さな溝やすれ違いが、いつの間にか大きな溝になってしまいますから、普段から大切な夫とのコミュニケーションの時間を心掛けたいですね。

私は、子どもが増えてやる事も増えてくると夫に育児や家事の手伝いを要求することも増えてしまい、それが原因でけんかをすることもありました(>人<;)

夫との関係が良好だと心が元気になりませんか?

逆に夫とけんかしてしまうと、心がギスギスになってしまいます。

近い存在である分、夫とのケンカは影響が大きいですよね。二人の間に生まれた子供への影響もあります。

両親の仲が良いことは、子供がとても嬉しいことです。言うまでもなく、夫婦関係は子育てしていく上でとても大切な関係です。

ふみえ
一番心を許せる相手が夫で、一番頼りになり信頼できる人が夫、という頼もしいパートナーシップを築いていきたいですよね。

◆おすすめの1冊↓↓↓◆

まとめ

赤ちゃんはまだ言葉は話せませんが、大人が考えている以上にきっと私たち周りの人、特にママの気持ちや感情を感じ取っています。

イライラする時もあると思いますが、そんな時は少し時間を作ってノートに気持ちを書き出したり、自分が好きなコト、リラックスできることをやりましょう。

深呼吸もおすすめですよ^^

どんなに忙しくてもあなただけの一人時間を、一日の中に短い時間でも作ってください。

あなたが好きなことやリラックスできる時間や空間がとても大切です。子育て中だからこそ、より大切ですよ。

今回は、赤ちゃんにあなたのイライラは伝わっているのか?どのような影響があるのか?イライラを減らす4つの対処法をご紹介していきました。

少しでもあなたの心が軽くなれる力になれたら幸いです。

ふみえに何かきいてみたいことがあれば、気軽にきいて下さいね^^

https://fumie-dream.com/contact/ ‎

赤ちゃんが泣き止まずイライラ!投げるように赤ちゃんを置いてしまう前の対処法

2016年11月9日

最後まで読んで下さり、ありがとうございます♡

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です