三歳児の女の子にイライラ!そんな自分を受け入れて子供と向き合っていきましょう。

こんにちは。わんぱく4児の母、アラフォー主婦のFUMIEです^^

毎日、幼いお子さんのお世話、家事やお仕事…など、本当にお疲れ様です。ママ業って実際やってみないと、その楽しさや大変さは分からないですよね。

スポンサードリンク



三歳児の女の子にしても同じ!

「女の子は育てやすいからね~」

誰が言うたねん!?・・・なぜか関西弁(´⊙ω⊙`)

私も長女を育てているときに何度も周りから言われました。

「そんなことないよ。女の子もたいへんよ~~~!!」

いつも心の中でそう思っていました( ̄∀ ̄)

今回は三歳児の女の子のわがままや、イヤイヤ~!にイライラしてどうしようもない時、どう子供と向き合っていったら良いかについて考えてみました。

では、Here  we  go  ~!

三歳児、甘えと反抗を繰り返しながら成長している

girls-529013__340

出かけようとして、玄関で靴を履いていたら「私が一番に履きたかった~!!」、うわ~ン、うわ~ン

・・・

部屋の電気のスイッチを消すのに、ママが消したら「私が消したかったのに~」うわ~ン、うわ~ン

・・・

大人には理解しがたい、この心境( ̄∀ ̄)

三歳児は、身も心もだいぶ成長して自分でできることも増えてきた分、自分でやりたーい!の気持ちもどんどん強くなっていく時期です。

しかし、まだまだ生まれてきて3年!不安な思いになったり、怖くなったり、自分では上手くできないことだって、まだまだたくさんあります。

自分の思い通りにいかない事があると、泣きわめいたり、叩いてきたりすることもあるでしょう。

そして、下に弟や妹が生まれてきたりすると、幼いながらお兄ちゃんお姉ちゃんになります。まだまだママに甘えたいけど、ママが下の子のお世話で忙しいと、自分に気を引こうといたずらをしたり、わざとママが怒るようなことをしたりもします。

うちは長女が1歳7か月の時に、長男が産まれました。なので、長女が三歳児の頃は、長男1歳半前後。

一歳児、危なっかしくて目が離せませんでした。長女はまだ三歳児なのに、親からすると、”お姉ちゃん”として見てしまうんですね。一歳児よりは物事を理解していて、安心できる存在。

でもまだまだ甘えたいんです。ママじゃなきゃダメな時もあります。

そんないろんな環境に取り囲まれながら、三歳児の女の子も、ママに甘えたい気持ちと、自分の思い通りにいかないことへの不満の思いを繰り返し感じながら成長していっている時期が今です。

子供は上手く自分の感情をコントロールできないので、イヤイヤ泣き叫んだり、わがままを言ってみたり、叩いたりすることで、自分の思いをどうにか収拾しようとしているのではないでしょうか。

大人でも、自分がこのようにやりたい、と思っている事が上手くいかないと、いい気はしませんよね。でもその思いを収める術を知っています。それはそのような経験をこれまでたくさん積んできているからです。

三歳児はまさに今そのような体験をたくさんしているんですね。

しかし、だからと言ってその癇癪に毎日向き合うママはたいへんです。

完全に忘れているけれど、自分も三歳児の頃たくさん親に泣きわめいたり、わがままを言って困らせていたんでしょうね。自分が幼い頃、どのような子供だったのか一度、親に聞いてみるのもいいかもですね^ ^

成長の一過程です。

女の子、男の子とはどう違う?

brothers-and-sisters-692822__340

不思議なことに赤ちゃんの頃から男の子と女の子って、興味関心の方向が違います。そのようになっているんですね~。

女の子の特徴はなんだと思いますか?

まさに、「豊かな感受性」です!

それでは、男の子は?

「好奇心の塊」です。

もちろん、両方にそのような性質はありますが、男の子より女の子の方が感受性が強い、ということです。

ですので、いやなことがあった時、男の子はお菓子やおもちゃをあげたりすると、気持ちの切り替わりが早いのですが、女の子は”ごまかされない”というか、なかなかすんなりとはいかない事が多いかと思います。これは、男の子より女の子の方が、成長が早い、というのもあるでしょう。

うちの息子が幼いころ、叱られた後、わりとすぐにケロッとしていて、気持ちの切り替えが早いな~と思っていました。

スポンサードリンク



この「感受性の豊かさ」、三歳までにう~んと伸ばしてあげるといいそうです。どういうものかというと、お散歩途中に小さいお花を見つけては、「かわいい~♡」きれいな小石をみつけても、「きれ~い☆」。

きらきら、うっとり~。 の世界です。

きれいな物や可愛いものに対する女の子の感性、すごいですよね。うちの次女、先日5歳になったばかりですが、今も可愛いもの、きれいなものに目がありません(╹◡╹)

お誕生日のプレゼントも、「プリンセスセットがほしい!」です。おもちゃの指輪やネックレス、ティアラ、大好き。女の子、きらきらしたもの、かわいいもの大好きですよね。

道で拾ったきれいな小石もよく拾ってきます。うちにはなぜか小石がたくさんあります。子供の知らない間にそっと捨てておきますが(^^;

そういう感性を親が一緒に「きれいだね~!」「こっちのも可愛いよ☆」などと一緒に共感して、どんどんこの時期にその世界を伸ばして、広げてあげると感受性豊かな優しい子に育つそうです。

一緒に、”うっとり。きらきら”の世界を味わいましょう。

イライラした時には、こう対処しよう!

●子供と少し距離を置いて見守る

子供が泣き叫んだり、癇癪を起しているときは、こちらが何を言っても聞きません。聞けません。

大人でもそうですよね。イライラしているときに何か言われても素直に受け入れにくいです。落ち着いてからの方が、物事を冷静に考え、判断できます。

ですので、子供が落ち着くまで側で見守って待ってあげましょう。

こちらがその泣き叫ぶ子供の言動にイライラしたら、それを否定して起こるのではなく、「私がスイッチ消したかったのに~!うわ~ん」なら、「そう、○○ちゃんが消したかったんだね。ごめんね、ママ知らなくて。今度からは○○ちゃんが消してもらえる?」

など、子供が言ったこと(=「消したかった」)を繰り返して言って、子供の気持ちに寄り添ってあげるような形をとるといいと思います。

それでもしばらく泣き続けるかもしれませんが、とにかく子供が落ち着くのを待ちましょう。

●子供が甘えたいときには、思い切り甘えさせてあげよう

良く言われることですが、「甘えさせる」と「甘やかす」の違い。

「甘やかす」は、子供が自分でできることを親がやってしまうこと、我慢できることを我慢させないこと、などです。

例えば、子供が自分でボタンを留めれるけど遅いからと親がさっとやってしまう。

道を歩きながら、子供が「お腹空いた~」と言うと、お菓子を歩きながら食べさせる。

などです。

これとは反対に、「甘えさせる」とは、情緒的な要求(スキンシップ)を受け入れてあげること、子供がどうしてもできない事を手伝ってあげること、どうしても我慢できない事を助けてあげること、などです。

子供がスキンシップを求めてきた時は、思い切り抱っこしてあげたり、チュッとしてあげましょう。女の子はたっぷり愛情をかけて育ててあげることが大事だそうです。逆に男の子はたくさん一緒に遊んであげるといいそうです。・・・納得です。

女の子は、ハグハグ、チュッ、チュッ です。

●ママがイライラしている自分に気付いて、その自分を受け入れる

イライラは、幸せを遠ざけます。でも、イライラの感情が湧くのは仕方のないことなので、そんな自分をだめだと思わず、イライラしてしまった時に、「あー、私イライラしている。Max状態だ。」とか、「ちょっとイライラしている」とか、自分で気付いて、自分の気持ちを受け入れていきましょう。

気付くことが大事です。そして、そんな自分を受け入れてあげましょう。この作業を繰り返していくことで、少しづつイライラが減っていくかと思います。

頑張っている自分を認めて、受け入れてあげましょう。

そうすることで、きっと子供にも優しくなっていけます。

私も実践中です。

まとめ

yoga-2176668__340

いかがでしたか?女の子、三歳児のこのきゃぴきゃぴ感、かわいさは今だけです。わがままや、キーキー泣きも多いかもしれませんが、子供も頑張って成長しようとしているので、私たちママも、少し力を抜いて、子供と一緒に成長していきましょう。

女の子から見て、ママは憧れの存在です。ママが笑顔で幸せな生き方をしていけるように、共にがんばっていきましょう~☆
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です